行き過ぎたSEOテクニックにはペナルティが待っている

過度のSEOにはペナルティがある

SEOには様々なテクニックがあります。その解説の中でも折に触れ言及してきましたが、実は、SEOを進める上でやってはいけない禁じ手が幾つかあります。 それが検索エンジンの仕組みを逆手にとってイレギュラーな手法や過度のSEOを施し、検索結果上位を目指す検索エンジンスパムと呼ばれる行為です。 検索エンジンスパムとはユーザーの閲覧ではなくもっぱら検索エンジンへの働きかけを目的としている手法と定義することができます。検索エンジンスパムと判断されると、悪質の度合いによって検索順位が下がる、検索結果から除外される、グーグルのデータベースから完全削除されるのいずれかのペナルティが課されます。 検索結果除外やデータベースから完全削除となってしまった場合、復活する可能性は限りなくゼロに近く、新たにサイトを立ち上げてまた1から再出発しなくてはなりません。当然、訪問者数の激減や企業ブランドの失墜を招くことは明らかです。 おて企業サイトであっても検索エンジンスパムは許さないという強い意志を感じますし、今後も似たような事件が見せしめ的に起きると予想されます。 そのような結果を招かないよう、スパム行為についての知識を深め、対策を打ちましょう。

おすすめのSEO業者:格安SEOの東京SEOメーカー

検索エンジンスパムの種類

なお、検索エンジンスパムはコンテンツスパムとリンクスパムの2つに分かれます。検索エンジンは内部要素と外部要素の両軸により検索結果を判定しますが、内部要素のスパム行為としてコンテンツスパム外部要素にはリンクスパムとそれぞれが対応します。 また、検索エンジンスパムではありませんが、検索エンジンの仕組みやアルゴリズム上、不利になる手法もあります。 それぞれ詳しくはまた説明していきます。 ただし、検索エンジンスパムの週報は日々進化しており、それに対応する形で常に検索エンジン側の判断基準も変化しています。常に鼬ごっこは続いているわけで、今日まで大丈夫だった手法が明日からNGになるkとも十分起こりえます。そうなってから今まではOKだったじゃないか、検索エンジンは横暴だと言っても通用しません。検索エンジンの使命はユーザーが望む情報を提供することにあり、検索品質は検索エンジンの生命線です。品質を保つために検索エンジンは強権を振るうことも厭わないのです。 したがって、本書で紹介指定ないからといって、これは判断基準に引っかからないから大丈夫と検索エンジンスパムまがいのテクニックを駆使するのはやめてきましょう。あくまでユーザーにも検索エンジンにも優しいサイトツクリガSEOの本来の姿なのです。検索順位を意識しすぎるあまり、検索エンジンを騙すような行為にまで発展すると、かえって逆効果です。